FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
水底の森
2007 / 12 / 26 ( Wed )

水底の森

久しぶりに面白い推理小説を読んだという満足感を得ました。

この物語も登場人物が非常に多い。こんがらがってきます。
が、基本的に2人の人物を軸に物語が展開していきます。

自分の浮気、不倫がもとで妻との間がぎくしゃくしている刑事、遠野要。
サラリーマンの夫をもち、専業主婦として平凡に生きてきた(ようにみえる)高見風子。

物語は高見健児、風子夫婦のアパートで顔をつぶされた遺体が発見されることから始まります。
その殺人現場にはシャンソンが一曲だけ、延々と流され続けていました。
重要参考人である夫婦は行方不明。そのうち、夫が他殺死体で発見される。
逃亡した風子を追う刑事、遠野要。

風子を探すうちに次々と明らかになる不可解な出来事。
風子にのめり込んでいく刑事。


以下 ネタバレ




上に面白い小説を読んだと書きました。
それは決してウソではありません。

しーかーし、私は主要人物である高見風子と遠野要にまったくといっていいほど共感を覚えることが出来ませんでした!!

なんだオマエ達!なんでそうなるんだ?そういう道を選ぶんだ?

遠野要は妻子がありながら同僚とW不倫に陥り、それがもとで妻に愛想を尽かされています。
妻にバレたのが原因で自分からその不倫相手に別れを告げたくせに未練タラタラ。
で、偶然再会した不倫相手に対し、強引に関係を復活させます。(相手の女の意志は無視(怒))
しかも、昔自分がフラリと立ち寄った風俗店で相手をしてくれた女が実は風子だったということを思い出して、風子にものめりこんでいきます。
そして刑事にあるまじき行動をとってしまう・・・。

高見風子は運命に流されるままの女。
いや、そこまで流されなくても・・・。なんでそこまで堕ちていくのだ?
堕ちていく過程も様子も、よくわかり、同情を覚えるけど共感は全く出来なかった。

そこまで堕ちる前に自分で抜け出す方法はいくらでもあるだろう??!!

まぁ、要が自暴自棄になっていく理由は最後に説明されるのですが、どうもそれは後付の理由のような気が・・・
だって、要が不倫したのはその「理由」が判明する前だもんね。

結局、最後の最後で風子は自分の意志で行動します。
哀しいかな、もうちょっとはやく「自分の意志」で行動できることに風子が気付いていたら人生が変わっていただろうにね。

肝心の犯人は思わせぶりな容疑者が何人か出てきて
「オマエだったのか!!」という結末が待っています。

私は推理小説で「犯人当て」が得意なのですが、今回は最後までわかりませんでした。
それくらい意外な犯人だったのです。
読み終わった後に考えると伏線はいくつか張られていましたが気付きませんでした。

さんざんな評価を書きましたが面白い推理小説だったのは確かです。


水底の森


スポンサーサイト
15 : 14 : 05 | [未分類] | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<町長選挙 | ホーム | 邪魔>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://lovebookblog.blog29.fc2.com/tb.php/4-a131cded
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| BLOG TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。