スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
レミーのおいしいレストラン
2011 / 03 / 04 ( Fri )


ワタシ的評価:★☆☆☆☆(5点中1点)


天才的な料理の才能を持つネズミのレミーと、絶望的に料理の才能がない見習いシェフのリングイネ。

一人と一匹が今は亡き名料理人、グストーの店で出会ったことから起きる奇想天外な物語。

リングイネのあまりのヘボシェフっぷりを見かねたレミーは、なんとリングイネのコック帽の中に潜んで

彼の髪を引っぱりながら合図を送り、立派な料理を作り出す。

このコンビは名料理人となれるのか?




【ここからネタバレ】

私、この映画ダメでした・・・

全く受け付けませんでした。

もともとディズニーのリアルCGアニメは苦手だったのですがこれは本当にダメでした。

なにより、料理をする人間のハシクレとして、ネズミが料理をするということが受け付けなかった。

だってネズミですよ?しかもレミーはドブネズミなんですよ??

それなのに厨房にいてイロイロ混ぜたり焼いたり盛りつけしたり・・・冗談じゃない!!

ネズミってバイキンだらけなのに!!生理的に受け付けない!!

最期のほうに、レミーの仲間(親兄弟・つまりネズミ)がレストランに大挙して押しかけて料理を手伝う

シーンがあるのですが、それが一番受け付けなかった。

そんなアホな・・・

ネズミを食器洗浄機で洗って清潔にしたから大丈夫だよ!!というシーンもあるのですが、それがあっても

ダメでした。気分が悪くなった。

で、映画の最後にレミーに対してなんじゃこりゃ!という思いを持っていた女シェフが、レミーに

「シェフ、仕上げをお願い」なーんていってソースをまかせているシーンがあります。

このシーンを見て絶望した。

そんなアホな・・・

ネズミに仕上げをまかせんなよ・・・

オマエの料理人としてのプライドはどこに行った!!(この女シェフは男ばっかりの料理人の世界で相当

苦労して修行してきた人だった)


などなど、むちゃくちゃ書きましたが「ネズミが料理をする」という設定に生理的な嫌悪を抱かない人には

それなりに楽しめる映画だと思います。

ネズミが料理つくりーの、グストーの幽霊が出てきーの、実はリングイネはグストーの息子だったりーの、

お店の継承問題が持ち上がってきーの、などなど見所はたくさんあります。


でも私はダメだった。

本当にダメだった。

レンタル代損しちゃったよ・・・(涙)







スポンサーサイト
16 : 07 : 48 | 映画棚 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<「火の粉」by雫井脩介 感想 | ホーム | 「切れない糸」感想>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://lovebookblog.blog29.fc2.com/tb.php/23-89fa2cb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| BLOG TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。