スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
水底の森
2007 / 12 / 26 ( Wed )

水底の森

久しぶりに面白い推理小説を読んだという満足感を得ました。

この物語も登場人物が非常に多い。こんがらがってきます。
が、基本的に2人の人物を軸に物語が展開していきます。

自分の浮気、不倫がもとで妻との間がぎくしゃくしている刑事、遠野要。
サラリーマンの夫をもち、専業主婦として平凡に生きてきた(ようにみえる)高見風子。

物語は高見健児、風子夫婦のアパートで顔をつぶされた遺体が発見されることから始まります。
その殺人現場にはシャンソンが一曲だけ、延々と流され続けていました。
重要参考人である夫婦は行方不明。そのうち、夫が他殺死体で発見される。
逃亡した風子を追う刑事、遠野要。

風子を探すうちに次々と明らかになる不可解な出来事。
風子にのめり込んでいく刑事。


以下 ネタバレ




more
スポンサーサイト
15 : 14 : 05 | [未分類] | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
邪魔
2007 / 12 / 21 ( Fri )


この物語は3人の人間が軸として書かれています。

中途半端な不良の高校生、渡辺裕輔。
親父狩りのターゲットに刑事の九野を選んだために事件に巻き込まれていく。

ごくごく平凡なパート主婦、及川恭子。
サラリーマンの夫と2人の子供と一緒に東京郊外の建売住宅に住んでいる。
夫の勤務先の放火事件を発端として事件に巻き込まれていく。

7年前に身重の妻を交通事故でなくし、義母を心の拠り所としている刑事、九野薫。
同僚の花村から逆恨みをされ、汚職事件に巻き込まれていく。
及川恭子の夫の会社の放火事件を担当。恭子の夫に放火の疑いをもつ。

この3人が主な軸となっている物語です。
クライムサスペンスというのかな?推理小説ではありません。
この3人の他にも登場人物が非常に多く、人間関係を頭に入れて読むのに苦労しました。




以下ネタバレ注意!

more
15 : 35 : 32 | [未分類] | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| BLOG TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。