スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
「ワーキングホリデー」by坂木司
2011 / 06 / 23 ( Thu )
【送料無料】ワーキン...

【送料無料】ワーキン...
価格:1,550円(税込、送料別)




「はじめまして、お父さん」

売れないホスト、ヤマトははじめて見る少年にいきなりそう声をかけられます。
少年の名前は進、お母さんの名前は由起子。ヤマトが昔付き合っていた女の人の名前でした。
「夏休みの間だけ」という条件で一緒に暮らしはじめたヤマトと進。
しかしヤマトはホストクラブをクビになり、宅急便業に転職。
新米親子の一夏の経験物語です。



【感想】

坂木司さんの本を読むのはこれで2冊目。
期待を裏切らずとても面白かったです。

真っ直ぐすぎる性格が災いして同居早々、ホストをクビになるヤマト。
母子家庭で育っただけあって家事能力バツグン、節約志向◎の「小さいおばさん」の進。
この二人がぶつかり合わないわけがない。

坂木さんの書く本はいつも脇役が光っています。
「永遠の王子様」キャラのナンバーワンホスト、雪也。
金持ちの娘でホストクラブの常連だけれども親の愛情に飢えているナナ。
オカマで人情味のあるホストクラブーのオーナー・ジャスミン。
宅急便や・ハチさん便のみなさん。

全員がヤマトと進のことを気にかけてくれ、大事に思ってくれて二人の夏が過ぎていきます。

夏休みが終わり、それまで超いい子だった進が「帰りたくない!お父さんと一緒にいる!!」と
自分の感情を爆発させたところに、ジーンときました。


読むと心があたたかくなるお話です。

続きがあるかな・・・と、続きが読みたいなと思わせてくれるお話です。



スポンサーサイト
16 : 35 : 40 | 本棚 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
「火の粉」by雫井脩介 感想
2011 / 03 / 29 ( Tue )
【送料無料】...

【送料無料】...
価格:800円(税込、送料別)



ワタシ的評価:★★★★☆(5点中4点)


雫井脩介さんといえば豊川悦司主演の映画「犯人に告ぐ」の原作のほうが有名かもしれませんが、私はこの本がこの作家さんの作品の初読みです。


裁判官・梶間勲は一家殺害事件の容疑者・武内を証拠不十分で無罪にする。
この事件を最後に裁判官を退官した梶間は、郊外に一戸建てを購入し介護の必要な実母、息子夫婦と同居をはじめる。
自身も大学で法律学を教えはじめ、穏やかな日々を送っていたのだが、突然隣に2年前無罪判決をくだした武内が
引っ越してくる。
そこから一家の歯車が狂いはじめる・・・






【盛大なネタバレアリの感想】

かなり分厚い本です。
でも、退屈することなく読み通せました。さすが!
これはクライムサスペンスなのか、心理サスペンスなのか・・・心理サスペンスのほうがしっくり来るかな。
読み進めるにつれてゾクゾクする怖さがあったから。


かつて自分が無罪判決を出した男・武内が隣に引っ越してくる。
自分に恩を感じているのか、あふれんばかりの善意で梶間一家に接してくる武内。

様々な贈り物、介護の手助けなど、行き過ぎとも思える武内の行為に息子の嫁である雪見は不信感を覚えるが
それを訴えるもののしだいに梶間家から孤立してしまい、家を出て行かなければ行けない羽目に陥る。


このお話は何と言っても梶間家の男たちが『バカ』の一言に尽きる。
自分の母の介護を妻にまかせっきりにして自分は何一つかかわらない勲。
妻と実姉の介護についての争いにも我関せず。
この実姉も腹が立つ。同居して介護をしているのは勲の妻なのにしゃしゃりでてくる。
勲の息子であり、雪見の夫である俊郎も全くもってダメ人間。
プータローを続けてきて、司法試験を言い訳にまったく働かなくなりそれがきっかけで実家に同居(寄生?)
雪見や母が武内に疑いを持ってもそのことを聞きもせずにバカにする。

雪見は2年前の武内の起こした事件の遺族である池本夫妻を味方につけるが、武内の言葉にあっさりと家族は
丸め込まれてしまう。

そして梶間家は武内の手の内に。そしてようやく梶間家が武内を疑いはじめたときに武内が狂い出す。
狂いだした武内を止めることができるのだろうか。

本のタイトル「火の粉」の意味がわかるのは後半になってからです。

梶間家が武内の犠牲者にならなかったのは夫婦間で亀裂が生じても嫁と姑がお互いに信じあっていたからだと
思います。
夫が妻を信じていないのに、姑が嫁を信じる。
これがなかったら梶間家は完全に武内に掌握されていたでしょう。

結局、武内の動機は何だったのでしょうね。
私はそれは「報われたい願望」だと思います。
誰かに親切にしてあげたから感謝されたい、受け入れて欲しい、自分を好きになって欲しい・・・などという
願望は誰しも少なからず持っているはずですが武内の場合はこれが異常だったのでしょう。

このような人がもし自分の隣に引っ越してきたら・・・
うちの隣は空き地だし・・・

「火の粉」はいつ自分に降りかかるかわからないのだから。


この本は素晴らしく面白かったのですが★が四つ。
梶間家の男どもがあまりにも情けなかったので一つ減点です。

自分の実母の介護くらい手伝えよ!
他人の言葉よりも嫁の言葉を信じろよ!!


【送料無料】...

【送料無料】...
価格:800円(税込、送料別)



16 : 31 : 40 | 本棚 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
レミーのおいしいレストラン
2011 / 03 / 04 ( Fri )


ワタシ的評価:★☆☆☆☆(5点中1点)


天才的な料理の才能を持つネズミのレミーと、絶望的に料理の才能がない見習いシェフのリングイネ。

一人と一匹が今は亡き名料理人、グストーの店で出会ったことから起きる奇想天外な物語。

リングイネのあまりのヘボシェフっぷりを見かねたレミーは、なんとリングイネのコック帽の中に潜んで

彼の髪を引っぱりながら合図を送り、立派な料理を作り出す。

このコンビは名料理人となれるのか?




【ここからネタバレ】

私、この映画ダメでした・・・

全く受け付けませんでした。

もともとディズニーのリアルCGアニメは苦手だったのですがこれは本当にダメでした。

なにより、料理をする人間のハシクレとして、ネズミが料理をするということが受け付けなかった。

だってネズミですよ?しかもレミーはドブネズミなんですよ??

それなのに厨房にいてイロイロ混ぜたり焼いたり盛りつけしたり・・・冗談じゃない!!

ネズミってバイキンだらけなのに!!生理的に受け付けない!!

最期のほうに、レミーの仲間(親兄弟・つまりネズミ)がレストランに大挙して押しかけて料理を手伝う

シーンがあるのですが、それが一番受け付けなかった。

そんなアホな・・・

ネズミを食器洗浄機で洗って清潔にしたから大丈夫だよ!!というシーンもあるのですが、それがあっても

ダメでした。気分が悪くなった。

で、映画の最後にレミーに対してなんじゃこりゃ!という思いを持っていた女シェフが、レミーに

「シェフ、仕上げをお願い」なーんていってソースをまかせているシーンがあります。

このシーンを見て絶望した。

そんなアホな・・・

ネズミに仕上げをまかせんなよ・・・

オマエの料理人としてのプライドはどこに行った!!(この女シェフは男ばっかりの料理人の世界で相当

苦労して修行してきた人だった)


などなど、むちゃくちゃ書きましたが「ネズミが料理をする」という設定に生理的な嫌悪を抱かない人には

それなりに楽しめる映画だと思います。

ネズミが料理つくりーの、グストーの幽霊が出てきーの、実はリングイネはグストーの息子だったりーの、

お店の継承問題が持ち上がってきーの、などなど見所はたくさんあります。


でも私はダメだった。

本当にダメだった。

レンタル代損しちゃったよ・・・(涙)







16 : 07 : 48 | 映画棚 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| BLOG TOP | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。